ブログ

メール便のお話


当店の取り扱い商品は小さい物も多いので、配送方法では、やはり送料の安いメール便(クロネコDM便、ネコポス)が全体の半分以上を占めています。

ショップを始めて約5年。メール便はかなりの量を発送しています。
昨日ついに初めてのメール便(DM便)トラブルが発生してしまいました。

まずヤマトより第一報。
「メール便で発送した荷物の袋が泥等ですごく汚れてしまっているので、こちらの方で袋を入れ直してラベルを張り替えての投函でよいでしょうか?」
私「それでお願いします」

次の電話
ヤマト「袋を入れ替えようと開けてみたら、破損しているようなんです(粉々なかんじ?)。どうしますか?一旦戻しますか?」
私「・・・それでは一旦戻してください。」

こんなかんじだったのですが、初めてのことだったのでかなり困惑しました。
ちなみに中身はアクセサリーでお届け先は九州です。

まず商品がもうダメそうだったので、新しく再発送する商品の用意です。
が・・、2点お買い上げいただいたうちの1点がうちで最後の1点でした。
次にメーカーのサイトを確認。メーカーでも在庫切れ完売ですorz
しかし幸いにも土曜日営業しているメーカーさん&小売りの直営店もあるので、電話して、お店の方を探してくださいとお願いしたところ1点確保できました。

再発送する商品の手配もできお客様にもその旨お電話で説明し、お届けが遅れてしまうことを了承していただきました。
すごく心配なのですが、稀な事であったというお客様との共通認識で、またDM便で送らせていただくことになりました。
お客様がご理解のある方で助かりました。
ここまででとりあえずホッと一息。

しかし、エアパッキンも巻いているし、圧力が掛かるかんじでなければ破損はしないと思うので、そのあたりが釈然としません。
メール便の配達員は自転車の方が多いので、転んでつぶしてしまったとか?という想像。

そもそもメール便(クロネコDM便)は何かあった時の保証はありませんという前提の配送方法です。
お客様にもそれをご了承のうえ、選択いただいています。
後々よく考えてみたら、破損があるかもしれないその物をそのままお客様にお届けするというのが本来だったのだと思います。
しかし、破損しているかもしれないと聞いてしまった以上、心情的に心苦しく、それをうちに戻してもらわず配送してもらうという選択肢は瞬時に思い浮かびませんでした。
そんなに高い物ではありませんが、このように戻してもらい再発送ということは商品の代金は当店が損するしかありません。
分かってはいるのですがすごくモヤッとしています。

昨年ヤマト運輸の個人向けのメール便が廃止されましたが、法人契約では同じ内容のクロネコDM便が継続しています。
当初中身は紙類だけということでしたが、当店のエリアでは保証がないという前提でその他の物もOKとなっています。
紙類だけしかダメだというエリアもあるようなので、当店は恵まれているかと思います。

私も一消費者として考えた時に、保証よりも送料重視なので(だって事故なんて滅多にないでしょ?って感覚です)メール便はたいへん便利であり、メール便を扱っているショップは助かります。
お客様にも私のような方は多いと思いますので、当店でもなるべく送料が安くなおかつ安心できる配送方法をご案内したいと考えております。
ネコポスについては説明が難しくなるのでサイト上には載せていないのですが、DM便サイズギリギリや2通になる場合等に個別ご案内しておりますのでご利用できます。

ちょっとまとまりがないのですが、長くやってて何もなかったヤマトのメール便でこんなことが起きたよっていう愚痴でした。
それでもなるべくお客様にはご不快な思いをさせないよう最大限努力致します!

関連記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
facebook
facebook
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。